たまにはマンガを読むのもいいんでないの?

私がオススメするマンガは「シグルイ」です。お兄さんのデスクの上に置いているのをちらっと見てからちょっとはまっています(^O^)/
「覚悟のススメ」等の男らしい、というか雄臭い作風が特徴である山口貴由先生が南條範夫先生の小説を原作に書き上げた、残酷な武家社会を描いた狂気の作品です。

ストーリーは、二人の剣士が真剣試合を行う場面から始まります。
それぞれの剣士は異形な出で立ちをしており、隻腕の剣士・藤木源之助。盲目の剣士・伊良子清玄。この二人の主人公が立ち会うこととなった顛末を過去に振り返る形で物語が続きます。

武士道とは何か。これを一つのテーマとして、侍とは、武家とは、主君とは、などを山口先生独自の解釈で描いておりその迫力たるや、並みのマンガでは味わえない濃厚な内容となっています。
恐らく、絵に嫌悪感を覚える人もいるでしょう。
簡単に言えばエログロです。時代背景からして、切腹・手打ち・仇討ちといった、凄惨な場面が必然的に現れる為、好まない人がいるのも当然の内容ですが、この超がつくほどの雄の世界を一度ご覧になっては如何でしょうか。
読まず嫌いじゃ勿体無いですよ。